バーコード用語集・プリンタ編|日本自動認識システム協会

バーコード用語集・プリンタ編

物理仕様

日本語表記
(推奨)
英語表記
(参照)
同義語 用語定義(説明) 関連用語
プリント方式 printing method 印刷方式
印字方式
プリンタの印刷(印字)原理、もしくは方式 感熱印刷方式
熱転写印刷方式
インクジェット方式
インパクト方式
電子写真方式
感熱印刷方式 direct thermal printing method ダイレクト・サーマル方式
感熱式(方式、型)
微細なドット単位で熱制御できる印字ヘッドを感熱紙と呼ばれる熱に反応する特殊な紙に押し当てる事で文字・図形を形成する方式の事。
熱転写印刷方式 thermal transfer printing method サーマル・トランスファ方式
熱転写式(方式、型)
微細なドット単位で熱制御できる印字ヘッドを熱溶解性インクが塗布されたリボンに押し当てる事でインクを記録媒体(用紙等)に転写し文字・図形を形成する方式の事。
印刷速度 print speed プリント速度
印字スピード
印字速度
ホストとの通信時間等を除きプリンタが印刷できる速度の事。サーマルラインプリンタを用いたバーコード・プリンタでは1秒当たりの副走査方向(紙送方向)の印刷長さで示す。 インチ/秒(IPS)
mm/秒
mm/s
印字密度 resolution 解像度
分解能
ドット密度
ヘッド密度
プリンタが印字できる細かさで、1インチもしくは1mm当たりのドット数で表す。バーコードプリンタでは8dpm(㍉8)、12dpm(㍉12)が一般的である。 dpi(dots per inch)
dpm(dots per mm)
対応印刷媒体 media types
substrate type
用紙形態
用紙種類
記録媒体(用紙等)の種類
有効印刷領域 printable area
printing area
印刷可能領域
印字可能エリア
有効印字領域
有効印字エリア
記録媒体上(用紙等)の印刷可能な範囲(領域)
最大印字幅 maximum print width 有効印字幅 プリンタが印字できる最大幅 印字幅
最大印字長 maximum print length 有効印字長 プリンタが印字できる最大長さ 印字長
最大/(最小)用紙幅 maximum media width
minimum media width
用紙幅 プリンタにセットできる記録媒体(用紙等)の最大/最小幅
最大/(最小)用紙長 maximum sheet length
minimum sheet length
用紙長 プリンタにセットできる記録媒体(用紙等)の最大/最小長さ
最大ロール径 maximum roll diameter ロール径 機器に取り付けることができる記録媒体(用紙等)の最大外径寸法
印字率 coverage rate 印字デューティ
印刷率
印字比率
記録媒体(用紙等)に対し印刷されている積算面積の比率
印字濃度 optical density
print darkness
印刷濃度
光学濃度
OD値
反射率濃度
印刷面が光を吸収する程度を表す値で
OD = -Log (反射率) で示される。
数値が高ければ光の吸収率が高い(反射率が低い)
反射率10%でOD=1.0、反射率1%でOD=2.0
PCS値
PCS値 print contrast signal MRD値 バーコード、OCR等の可読部と非読部の光学的コントラスト値で以下の定義であらわす。
PSC値=(A-B)/A
A=非印刷箇所反射率
B=印刷箇所反射率
印字濃度
インタフェース interface I/Oポート プリンタとホスト機器との間の信号伝送路と、その制御回路のこと RS232C、SCSI
IEEE1284(orセントロニクス)
USB、IEEE1394
LAN
IrDA
無線LAN、Bluetooth
Ethernet
パラレルインタフェース parallel interface データをビット並列で送受信するインターフェース方式 IEEE1284
(セントロニクス)
シリアルインタフェース serial interface データをビット直列で送受信するインターフェース方式 RS232C
RS422/485
USB
IEEE1394
メモリ residential memory 内臓メモリ プリンタのファームウェア、フォント及び設定等を保存するための記憶装置、並びに印字レイアウト等を一時保存する記憶装置 SRAM、DRAM
フラッシュROM等
メモリカード memory expansion 拡張メモリ 印字レイアウトやプリセットデータ、フォント等を保存するための記憶装置で、メモリを拡張するための周辺機器 PCMCIAカード
CFカード
SRAMカード
SDカード
印字位置検出方法 sensing
printing position sensing method
ラベルセンサ
ラベル位置検出方式
ラベル位置決め
プリンタが印字の開始位置を検出する方式 透過センサ
反射センサ
カウント方式

機能

日本語表記
(推奨)
英語表記
(参照)
同義語 用語定義(説明) 関連用語
内蔵バーコード種 built-in bar code
resident bar code
対応バーコード種 プリンタに内臓したバーコードの種類 一次元シンボル
二次元シンボル
バーコードフォント
バーコード
2次元コード
文字フォント character font フォント種
書体
文字種
文字又は記号の書体をいう。
明朝体、ゴシック体、Arial等
内蔵フォント(種)
バーコードフォント(種)
内蔵フォント resident font レジデントフォント
搭載フォント
プリンタに予め内蔵された文字種 OCRフォント
POPフォント
ビットマップフォント
スケーラブルフォント
ビットマップフォント bit-mapped font ドットフォント 文字情報をドットの集合体データとして持っているフォント。
拡大が整数倍しかできず、大きくすると文字が粗く斜線、曲線がギザギザになる。
スケーラブルフォント
スケーラブルフォント scalable font アウトラインフォント
ベクトルフォント
文字情報をドットの集合体ではなく文字輪郭を表す直線、円弧等のデータとして持っているフォントで、文字のサイズを連続的に変えられ、拡大しても文字品質の劣化が無い。 ビットマップフォント
ドットフォント
オプションフォント optional font プリンタに後から追加される(できる)フォント ダウンロードフォント
スムージング smoothing 文字や図形を印刷する際、斜線や曲線のギザギザを滑らかに補正修正する機能。
文字サイズ character size
font size
キャラクタ寸法 文字の大きさ。
ポイント、ドット×ドット又はmm単位で表記する
文字間隔 character gap 字間値
字間
文字間
文字間間隔
行中の隣接する文字の外枠間の距離でドット単位、又はmm単位で表記する。
文字ピッチ character pitch
character spacing
印字ピッチ
印字間隔
行中の文字の送り量のことで、ドット単位、mm単位、又はCPI(character per inch)で表記する。
行ピッチ line pitch
line spacing
行間隔
改行間隔
改行ピッチ
紙送りピッチ
行送り
行の垂直移動量、もしくは1インチあたりに何行印刷するかによって表記する。
LPI(line per inch)もしくはmm単位で表記する。
プリンタ ドライバ printer driver アプリケーションソフトの指示にあわせプリンタを制御するためのホスト機器側のソフトウェア
コマンド command プリンタの機能と動作を制御する命令 プリンタ言語
エミュレーション emulation 他のプリンタとソフトウェアインターフェースの互換性を
持たせることで、あたかもそのプリンタであるかの様な動きをさせる事。
フォームオーバーレイ form overlay 書式オーバーレイ
フォームズオーバーレイ
あらかじめプリンタへ登録してある帳票フォームに文字データを重ね合わせて印刷することで、罫線入り帳票等を素早く印刷する機能。
ビットイメージデータの送出が不要で高速に印刷できる。
テストプリント test print
status print
ステータスプリント プリンタ機器の設定内容、及び発熱体破損などプリンタのステータス(動作)を確認するための一覧印字する機能
RTC real time clock リアルタイムクロック カレンダー・時計機能を内蔵し電源が切られていても電池から電源供給を受け動作する専用チップ。
ラベルが印字された日時を内蔵カレンダーICから呼び出し、逐次印字する機能。
時計機能
消費期限
賞味期限
履歴制御 heat history control
Hysteresis Control
Historical Control
熱履歴制御
印字履歴制御
サーマルヘッドの印字(通電)履歴を記憶し印加エネルギーをコントロールし濃度ムラの無い均一な印字を行う機能 ストローブ比
デューティ
リボンセーブ Ribbon saving 余白部分でリボン送りを行わず、リボンを節約する機能
ヘッド検査 thermal print head test ヘッドテスト
ヘッドチェック
サーマルヘッドのドット毎の発熱体の抵抗値を検査し異常値有無を検査する機能 ヘッドテストタイミング
バッテリ容量検出(器) battery capacity detection
battery capacity sensor
使用時間の目安となるバッテリーの電気容量の検出機能又はその装置
ニアエンド検出(器) near enddetection
near ebd sensor
ニヤエンドセンサ 記録媒体(用紙等)や転写インクリボンの終了間際の検出機能又はその装置
アラーム alarm 警報 プリンタ動作が異常である事を警告する機能
初期化 initialize 設定値を初期値に戻す事
紙詰まリ検出 paper jam detection
paper jam detector
ジャム検出
ペーパージャム検出
搬送部に記録媒体(用紙等)が詰まり搬送不能である事を検出する機能又はその装置 ジャム
ペーパージャム
ティアオフ tear off 連続した記録媒体(用紙等)を切り離す位置まで自動的に送る機能
オンライン・オフライン online / offline ホストと物理的、論理的に接続又は非接続の状態を示す
LINE、LINEキー line key
line button
ラインキー オンライン/オフラインを切り換えるキー
FEED、FEEDキー feed key
feed button
フィードキー マニュアルで記録媒体(用紙等)を搬送をするためのキーで通常、当該キーを押し続ける事で紙を送る事ができる。
給紙方式 media supply method
paper feed method
紙送り方式 記録媒体(用紙等)をプリンタに送り込む方式
給紙容量 media supply capacity
autofeeder capacity
フィーダ容量
給紙トレイ容量
カセット容量
ホッパ容量
ドロア容量
記録媒体(用紙等)の最大収容量(枚数)
排紙トレイ exhausted media Tray
stacker
スタッカ 記録媒体(用紙等)の排出受け
排紙容量 exhausted media tray capacity
stacker capacity
排紙トレイ容量
排紙量
スタッカ容量
印刷済み記録媒体(用紙等)の排出受けの最大収容量(枚数)

オプション

日本語表記
(推奨)
英語表記
(参照)
同義語 用語定義(説明) 関連用語
カッタ cutter オートカッタ 記録媒体(用紙等)をカットする機構、一般的にはオートカッタを指す。 ロータリーカッタ
ギロチンカッタ
サークルカッタ
ロータリーカッタ rotary cutter 固定刃と回転刃があり、回転刃がフィード方向に回転してカットを行う。
ギロチンカッタ guillotine cutter 固定刃と可動刃があり、可動刃が上下方向に動作してカットを行う
サークルカッタ circle cutter 固定刃と回転可動刃があり、回転可動刃が記録媒体(用紙等)に対して、直角方向に動作してカットを行う
スイングカッタ swing cutter 固定刃と可動刃があり、可動刃が軸を中心に円周を上下方向に動作してカットを行う
ピーラ peeler
dispenser
剥離装置
剥離機能
台紙からラベルを剥がす機構 ピールセンサー
ピンチローラ
スタッカ stacker スタック装置 カットされた記録媒体(用紙等)を積上げる(下げる)機構
リワインダ rewinder 巻取り機 印字された記録媒体(用紙等)を巻き取る機構
フォルダ folder 外置ラベルフォルダ 本体外部に大きな外形のロール紙を取り付けるフォルダ
拡張I/Oボード enhanced I/O board,
auxiliary I/O board,
extended I/O board
expansion I/O board
標準仕様では対応していないインターフェースへ対応する為ための機能拡張ボード
LANボード LAN board イーサネットボード LAN接続のための専用ボード
ファンフォールドガイド fanfold guide ファンフォールド紙、使用時の専用ガイド機構

消耗品

日本語表記
(推奨)
英語表記
(参照)
同義語 用語定義(説明) 関連用語
用紙仕様 label specification ラベル仕様
サプライ仕様
記録媒体仕様
記録媒体(用紙等)の仕様
(記録媒体の種類、幅、長さ、厚さ、形状等)
用紙サイズ paper size 使用紙寸法? 幅×長さ×厚さ
用紙幅 paper wide ラベル幅 記録媒体(用紙等)の幅
(ラベル紙の場合は台紙幅、場合により最大値または範囲)
用紙長 paper long ラベル長 記録媒体(用紙等)の長さ
(場合により最大値または範囲)
用紙厚 label thickness
(paper thickness)
紙厚 記録媒体(用紙等)の厚さ
用紙形状 label type ラベル形状 記録媒体としての用紙の形状 ロール紙
ファンフォールド紙
カット紙
タグ
用紙ロール長 label capacity in length ロール紙長 記録媒体(用紙等)のロール全長
用紙ロール外径 outer diameter ロール紙サイズ 記録媒体(用紙等)のロール外径
インクリボン長 carbon ribbon wudth リボンロール長 インクリボンの長さ
インクリボン幅 carbon ribbon length リボンロール幅 インクリボンの幅
巻方向 Direction of winding up 印刷面(機能面)がロール表面か裏面かを示す仕様 表巻き
裏巻き
表巻き surface web paper
face out
ラベルやインクリボン等の機能面を表面として巻いたもの 巻方向
裏巻き back web paper
face in
ラベルやインクリボン等の機能面を裏面として巻いたもの 巻方向

一般性能

日本語表記
(推奨)
英語表記
(参照)
同義語 用語定義(説明) 関連用語
外観寸法 outer dimensions 筐体寸法
外形寸法
本体寸法
プリンタ本体の寸法、付属品を含む場合もある。
器機本体の幅、奥行、高さをmm単位で表される。
質量
重量
weight 重さ
重量
本体の重さ
電源 power supply
power source
入力電源 正常に動作するための電源条件 交流電源
電池
電源電圧 power supply voltage
power source voltage
定格電圧 正常に動作するための電圧条件 ユニバーサル電源
(AC100~240V)対応
電源周波数 frequency of the power supply 定格周波数 正常に動作するための周波数条件
消費電力 power consumption 消費する電力量
動作温度 operating temperature 使用温度範囲
動作温度範囲
正常に動作する温度条件
動作湿度 operating humidity 使用湿度範囲
動作湿度範囲
正常に動作する湿度条件
保存温度 storage temperature 保存温度範囲
非動作温度範囲
正常に保管できる温度条件
保存湿度 storage humidity 保存温度範囲
非動作湿度範囲
正常に保管できる湿度条件
取得規格 safety approval 適合規格 製品として認定を受けた安全規格、ノイズ規格及びその他の規格を指す
安全規格 safety standards 感電や火災事故等の発生防止するため、国やそれに代わる機関が定めたもの。
主な安全規格として電気用品安全法、UL、CSA、BS、VDE等がある。
ノイズ規格 EMI standards
EMC standards
EMC (Electro-Magnetic Compatibility) standard
電磁妨害規格 医療機器、航空機、TV受信機等の電子機器の誤作動と電波障害を防止するため電子機器から放射される不要輻射を定めたもの。
代表的規格にCISPR、VCCI、FCC、EN等がある。
EMI規格

その他

日本語表記
(推奨)
英語表記
(参照)
同義語 用語定義(説明) 関連用語
サーマルヘッド thermal print head
print head
印字ヘッド
TPH
電流を熱に変化させ、専用記録媒体を発色、もしくは溶融転写させる印字ヘッド。
プラテンローラ platen roller 印刷を行うため記録媒体をヘッドに加圧挟持するローラで記録媒体を搬送する駆動用ローラも兼ねる。 フィードローラ(feed-roller)
ピンチローラ(pinch-roller)
フィードローラ feed roller 送りローラ 記録媒体を搬送するローラ プラテンローラ
ピンチローラ
ソフトウエア software ソフト 印刷するためのツール プリンタドライバ
ファームウェア firmware ファーム ROMなどに組み込んだ基本ソフトウェア
プロパティ property コンピュータのファイルや周辺装置などの各種の設定や属性に関する情報
注) カタカナ用語の長音表記はJIS記述ルール※に準じた。
しかし平成3年6月発行内閣告示第二号では、語末の長音表記をつけることが推奨されており、新聞、放送業界、マイクロソフト取扱説明書では内閣告示第二号に定めた外来語表記に準拠し、3音以上の用語も「コンピューター」、「プリンター」と表記している。
用語WGとしては内閣告示第二号に準じカタログ等を発行する事を推奨します。
JIS Z8301 62page:-er、-or、-arをカタ書きする場合エレベーター、コンピューター等の3音以上の語尾には長音記号をつけない。カバー等の2音以下は長音をつけるとの原則。
用語統一WGメンバー(役職 敬称略)
  (株)フェニックス 井上 敦貴
  ゼブラテクノロジーズ(株) 橋詰 恵三
  (株)ウェルキャット 小平 岳
  (株)サトー 堀込 博昭
  個人会員 小川 秀一
参考文献・資料
  社団法人 日本自動認識システム協会( JAISA ) バーコード カタログ用語集(プリンタ編)
  社団法人 電子情報技術産業協会(JEITA) プリンタ カタログ用語集
  社団法人 日本電子工業振興協会(JEIDA) プリンタ カタログ用語集
  社団法人 日本事務機械工業会(JBMA) ページ プリンタ用語集
  日本工業規格 JISZ8301:2008 規格票の様式及び作成方法 G6.2 外来語の表記
  平成3年6月28日付 内閣告示第二号 外来語の表記

調査・研究活動

JAISA主催セミナー

省庁からの通知等(会員専用)

広報活動

アクセス

  • 〒101-0032

    東京都千代田区岩本町1丁目9番5号

    FKビル7階

  • TEL.03-5825-6651(代)
  • FAX.03-5825-6653

所在地マップ