RFID専門技術者資格認定講習・試験開催概要|日本自動認識システム協会

RFID専門技術者資格認定講習・試験開催概要

2022年度開催概要

RFID専門技術者資格認定講習・試験は、集合形式で実施します。

講習・試験方法

  • 講習及び試験はJAISA会議室(東京都千代田区)において、講習は3日間、試験は1日(講習から2週間後)で行います。
  • 講習は以下のテキストに沿って実施します。

第17回RFID専門技術者資格認定講習・試験 テキストの概要

要旨 概要
第1章 RFIDとは RFIDの定義、歴史、タグの種類、標準化、規格化、法律等
第2章 無線通信の基礎技術 2進法、通信方式、変調、符号化、アンチコリジョン等
第3章 リーダライタ技術 電波の性質、電磁結合、UHF帯アンテナの特性と使用上の留意点等
第4章 RFタグ/ICチップ技術 RFタグの基本構造、ICチップ、アンテナ、実装(接合)技術等
第5章 135kHz未満 ISO/IEC18000-2概要、タイプA・B、プロトコル等
第6章 13.56MHz ISO/IEC18000-3概要、MODE1・2・3等
第7章 433MHz帯 ISO/IEC18000-7概要、変調方式、Wake-Up信号、データ符号化等
第8章 UHF帯 ISO/IEC18000-6概要、UHF帯RFIDのプロトコル(タイプA・B・C)等
第9章 2.45GHz ISO/IEC18000-4概要、2.45GHz帯RFIDのプロトコル等
第10章 その他の周波数帯 400kHz~530kHz帯の概要、300MHz帯の概要等
第11章 電波法/ARIB規格/
電波防護/医療
電波の人体および医療機器に対する影響、EMC(電磁両立性)、機器の安全性、900MHz帯周波数再編等
第12章 プライバシー/
セキュリティ
プライバシー、セキュリティ(プライバシー保護)等
第13章 アプリケーション
インターフェース
RFIDシステムの構成、自動認識技術の階層、製品の識別、ISO/IEC 15459で規定するデータプロトコル環境、自動車部品識別規格の具体的事例等
第14章 ハンディターミナル 機能の説明、組込、インターフェース、ソフトウェア、周辺機器等
第15章 アプリケーションの
国際規格
国際動向の底流、市場ニーズ、社会インフラの整備、RFIDの普及課題、RFIDのサプライチェーン規格、携帯電話規格、コンテナセキュリティ規格、自動車業界における標準化、医療・医薬品業界における標準化等
第16章 RFID活用ガイドライン 導入と活用に向けたプロセス、技術ポイント、タグ取り付けの注意点等
参考資料 資料1ー7 規格一覧表、UHF帯標準コード体系、各種ガイドライン等

第17回RFID専門技術者資格認定講習・試験 日程

講習 2023年2月2日(木)、3日(金)、4日(土)9時~16時
試験 2023年2月18日(土)13時~14時30分

RFID専門技術者資格認定講習・試験のお申込み

申込開始 2023年1月5日(木)締切 1月25日(水)
申込み

RFID専門技術者資格認定講習・試験の受講・受験料(税込)

協会会員企業 40,000円
非協会会員企業 60,000円
前年度の受講者で受験だけの方 20,000円(1回限り)

お問い合わせ先

  • 一般社団法人日本自動認識システム協会 事務局
  • Phone 03-5825-6651
  • Email license@jaisa.or.jp